後遺症とはこういうこと

自動車事故などが原因で大きな後遺症が残ってしまったり、病気の後、手足のまひなど後遺症が残ってしまったという話、身近によく聞く話です。
特に最近は、病気によって起こる後遺症などの話をよく聞くようになりました。

後遺症というのは、病気や怪我などの「急性期症状治癒後」機能障害などの症状が残ってしまうことを言います。
例えば脳出血で緊急手術を受けて成功し、命を取り留めたけれど、最終的に手足にまひが残ってしまったという場合や、自動車事故で大きなけがをして、治癒したけれど、その後、めまいなどの症状が起こるようになった、などです。

後遺症に関しては、非常に認定が難しいという面もありますが、機能障害が残ると長い人生の多くをリハビリに費やすことになりますし、そこからさらに症状が広がっていくことも考えられます。
また、お薬の費用や治療費用など、経済的負担も一生となる事が多く、痛みや症状について精神的な不安要素が常にあるということも非常に辛い部分です。

後遺症には様々な障害がありますが、肉体的な障害も、精神的な障害もあります。
こうした後遺症をサポートしてくれる仕事を行っている方も多く、後遺症に悩む多くの方々の力となっています。

後遺症が引き起こされた時、誰にどのように頼ればいいのか、当サイトでは後遺症をサポートしてくれる仕事をしている人について触れています。
後遺症の心のケア、また様々なサポートの手助けサイトとなれば幸いです。